メンテナンス・ボルト類

全自動バッテリー診断機能付き充電器 Optimate4 Dual Ver.3

販売価格
14,300円(税込み)
在庫
商品コード
op4-ver3
便種
宅急便

商品詳細

『 Optimate4 』が新しくなりました!

《 新しく搭載された機能 》
・出力が0.8Aから1.0Aにアップし、充電時間を20%短縮(従来比)
・メンテナンスモード中のLED表示が点灯に変更(従来品は点灯と点滅を繰り返す。)
・本体にLEDの簡易表示をし、取扱説明書を見ずにLEDの表示状態を確認可能
・3段階のサルフェーション溶解機能(鉛バッテリー劣化原因を撤去)、通常充電、メンテナンス機能
・フロート充電によるメンテナンスモード


全自動バッテリー充電器の為、メインヒューズを抜かずに充電でき、常にこの充電器をつけたままの状態でオートバイを置いておくことができます。

・初期診断機能
バッテリーに接続すると、現状のバッテリーの状態を5段階で診断し、表示します。

・回復充電
16V、22Vの強力サルフェーション溶解()機能搭載。バッテリーにサルフェーションがあると判断した場合、電流を0.2A(最大)に制限し、電圧を16Vにてサルフェーションを溶解します。 バッテリーに極度のサルフェーションがあると判断した場合、電圧を最大22V、電流を極少量(安全値)に制限してターボ回復充電を行います。
※新機能に3段階とありますが、ここでは2段階の紹介です。

・パルスによる均一充電(新機能)
バッテリーの各セルの充電状態を均一にする為、回復充電終了時と通常充電終了時にパルスによる均一充電を行います。均一充電を行うことで、バッテリーの充電状態をより100%に近づけます。

・メンテナンスと診断
通常充電終了後、メンテナンスモードに移行します。1時間の内、30分間は電流を止め、バッテリーの電圧保持力を診断します。次の30分間でバッテリー電圧が13.6Vになるように減った分だけ充電します。この作業はオプティメートをバッテリーに接続している間、ずっと続けますので、サルフェーション抑制効果もあります。

・逆接防止機能
バッテリーの ± に対し充電器を逆に接続しても本体は作動しません。

・防水・防塵
IP54規格取得。生活防水。(完全防水ではありません。)

※TOURING('08~), DYNA・SOFTAIL('12~), SPORTSTER('14~)は、バッテリーの充電が必ず必要になります。BURNで取り扱っている充電器はこちらのみです。

【付属品】
・車輌ケーブル (SAE#1)
・ワニ口クリップ (SAE#4)(旧品番SAE#74)

また、上記以前のインジェクション車でも充電することをお勧めします。